自分にはどんな結婚式場がぴったり?

■優先順位を決めること
結婚式場にはいろいろな種類があり、それぞれ特徴が異なりますし、メリットもあればデメリットもあります。全てを100点満点にしたいと思っても、それではかかる費用が予算をはるかにオーバーしてしまうでしょう。そのため、結婚式場を選んだりプランを見つける場合には、結婚式場および挙式プランに自分たちが何を求めるのか、優先順位をはっきりさせることから始めるのがおススメです。お料理で式場やプランを選ぶと言っても、何を基準にするのかはカップルごとに異なります。お料理の美味しさで選びたいという人もいれば、出席してくれるゲストに食物アレルギー持ちの人が多いからアレルギー対応してくれるかどうかで決めたいという人もいるでしょう。また、服を汚すことなく食べやすい食材で選びたいとか、子供のためには子供用のメニューで対応してくれるかどうかで式場やプランを選びたいというカップルもいます。全ての結婚式場がすべてのリクエストに対応出来るというわけではないので、どうしても譲れないリクエストがある場合には、たくさんの選択肢の中から対応可能かどうかで絞り込むことになります。

 

■ホテルウェディングはこんな人にオススメ
ホテルの中には、披露宴会場が最上階に設けられていて素晴らしい景観を楽しめるところもあれば、ゲストにとってアクセスが良い地上階に近い部分に設置されている所もあってケースバイケースです。しかしどの場合でも、ホテルウェディングの場合には広々とした空間で高級感漂う雰囲気の中で贅沢なウェディングを楽しむことができますし、一流で格式あふれるサービスを受けられるという安心感があります。会社の上司や取引先の人など、失礼がないサービスを提供したいという場合には、ホテルウェディングを選べば間違いはないでしょう。カジュアル感や貸し切り感などは若干かけてしまいますが、最近では若い世代の招待客が多いカップルのために、カジュアル感のあるパーティを演出しているホテルなども増えていて、選択肢の幅は広がっています。また、ホテルウェディングでは、お料理を和洋中から自由に選べることがあり、場所を変えずに自分たちなりにお料理をアレンジできる点も人気の理由と言えます。特に高齢世代では、お箸で食事をしたいという人が多く、華やかさのあるフレンチでもお箸で食べられるスタイルのお料理を提供するなど、ホテルごとに特色を出している点も要チェックです。

 

■ゲストハウスウェディングはこんな人にオススメ
親しい人たちを自宅に招く感覚で結婚式を挙げたいという人におすすめなのが、ゲストハウスウェディングです。邸宅をまるごと貸し切りの状態で行うため、完全にプライベートな空間を作ることができますし、形式にこだわらずゲスト同士がコミュニケーションを交わすことができたり、自由度が高いパーティを希望するカップルにオススメのスタイルと言えるでしょう。邸宅によってはプールサイドでパーティを楽しめたり、ガーデンスタイルで挙式できるなど特色が異なりますし、デコレーションなどの演出は新郎新婦がアレンジしやすいので、手作り感のあるウェディングを作りたい人にもおすすめのスタイルです。しかし、費用面では他の結婚式場よりも割高になってしまうことが多いので、経済的にタイトな予算内でやりくりしたい人にとっては難しいかもしれません。

 

■演出にこだわりたい人には専門式場がぴったり
一生に一度の結婚式なのだからゴンドラで登場したい!とか、お姫様のようならせん階段を新郎と一緒に降りてみたいなど、結婚式に対するあこがれや夢を持っている人はたくさんいます。そうした夢を実現してくれるのが、結婚式のみを専門に行っている専門式場です。会場の雰囲気としてはホテルの披露宴会場と近く、ゴージャスかつ高級な雰囲気がありますが、演出という点に関しては専門式場の右に出るものはいないでしょう。とにかく演出にこだわりたい人や、一般的なチャペルではなくてギリシャ神話に出てくるような神殿で愛を誓いたい人等、こだわりを持っている人なら専門式場を選ぶときっと満足できる式場やプランを見つけられるのではないでしょうか。式場ごとにどんな演出が得意なのかが異なるので、いろいろ比較しながら選ぶことも楽しいかもしれませんね。

 

■お料理で式場を選びたいならレストランウェディング
これまでたくさんの結婚式や披露宴に参加した経験がある人の多くに共通する気持ちの一つに「婚礼料理は見た目が大切、味にはあまり期待しない」というものがあります。華やかに見えることを優先して作られているお料理なので、食材や味などはあまり期待しないという人はとても多いですし、実際に舌をうならせるほどのグルメ料理が提供されることは多くありません。しかし、せっかくゲストからご祝儀をいただいてお食事を提供するのだから、おいしいものを食べてもらいたいと考える新郎新婦は少なくありません。とにかく料理の味にこだわりたいという人におすすめなのが、レストランウェディングです。全てのレストランでウェディング対応しているわけではなく、パーティに対応出来るスペースや貸し切り対応できるレストランなどから選ぶことになりますが、たくさんの実績を持つレストランの場合には、ウェディングプランなるものがラインナップされていたりするので、利用しやすくなっています。

 

レストランウェディングの場合、新郎新婦にとってはドレスやブーケ、引き出物など細かい分を全て自分たちで手配したり外部業者からのサービスを利用することになるので、事前の準備には相当な手間と時間がかかります。そうした作業が苦にならず楽しみながらできるというカップルにとっては、自由度が高くて個性的なパーティを作ることができるレストランでの挙式は、自分たちにとってもゲストにとっても思い出に残りやすい式になることは間違いないでしょう。

 

■いろいろな案を参考にしよう
初めての結婚式なのに、アイデアや案を出せと言われても、簡単にできる人はいません。ブライダル業界で働いた経験がある人なら、それまでにたくさんの挙式を見ているので、自分はこんな風にしたいなというアイデアがあるかもしれませんが、一般の人は真っ白の状態から一つ一つ具体的に結婚式の内容を決めることになります。何が欲しくて何が必要ないか分からないという段階から自分たちにピッタリの式を作るためには、ネットや雑誌などを最大限に活用して、たくさんの案やアイデアを参考にするのがオススメです。また、結婚式を挙げたことがある先輩たちからアドバイスをもらったり、こんな事は便利だったとか、こんな事は必要なかったなどの意見を聞くことも参考にできるでしょう。また、ホテルや専門式場で開催されているブライダルフェアに行けば、たくさんの演出やアイデアを目で見ることができるので、より具体的に自分の結婚式はこんな風にしたいという考えが浮かんできやすくなります。欲しいものや希望するものすべてを盛り込むというのは難しいですが、優先順位を決めながら式場やプランを絞り込んでいき、その後はできるだけコストをかけずにアイデアや工夫で式を盛り上げることができれば、一生に一度の最高の思い出にできるのではないでしょうか。夫婦にとっては初めての共同作業となる結婚式ですから、よく話し合ってお互いが納得できる式にしたいですね。