結婚式プランの選び方

■挙式費用を安く抑えたい人にオススメ
結婚式場の中には、いろいろなサービスがパッケージになっているブライダルプランがラインナップされています。これらのプランは、一つ一つのサービスを単独で選んで結婚式を作り上げるよりも経済的にお得になっていることが多いだけでなく、初めての結婚式で何をどうすれば良いか分からない人でも理解しやすくて失敗しない挙式をしやすいような配慮がされています。プロのウェディングプランナーがついて最初から最後まですべてを取り仕切ってくれているなら、こうした式場のプランはあまり必要ないかもしれませんが、自分たちで結婚式を作りたい人なら、ぜひこうしたプランを活用するのがオススメです。

 

■プランに含まれているものとは
結婚式プランに含まれているものは、一般的には新郎新婦の衣装やヘアメイク、場所代、ゲストのお料理や飲み物、会場のデコレーション、引き出物、そして写真撮影などがあります。これらの項目だけをみると、これで満足できる結婚式ができそうなイメージがありますが、決してそういうわけではないので注意しましょう。プランと言ってもいろいろなプランがあるので、中にはきめ細かなサービスが充実したものもありますが、格安なプランは、少しでも広く浅く結婚式を提供できるようにと、各サービスの内容が最小限に抑えられていることが多いのです。例えば、お食事や飲み物などは複数あるランクの中でも最も低いものになっていたり、ウェディングドレスもそれぞれランクがつけられているので、必ずしもレンタルショップの中で気に入ったドレスを貸してもらえるというわけではありません。あくまでも限られた選択肢の中から気に入ったものを選ぶというスタンスになります。

 

また、写真撮影がプランに含まれているものは特に注意が必要です。挙式の写真撮影というと、カメラマンがいろいろなアングルから新郎新婦やゲストを撮影してくれるようなイメージがありますし、撮ってもらった写真でアルバムを作りたいなと考えている人も多いでしょう。しかし、格安プランの場合だと、家族での集合写真1枚だけだったり、1ポーズ当たり1枚のみになっていたりして、挙式中のスナップ写真などは別料金になることが多いようです。

 

■結婚式プランの選び方
結婚式プランを選ぶ際には、まずチャペル式・神前式・人前式なのかを分類して比較することから始めましょう。式のタイプが代わればプラン内容や費用は当然変わるので、異なる種類を比較してもあまり意味がありません。和風か洋風かだけでも分類した上で比較したほうが、より具体的にプランの内容を比較しやすくなります。

 

プランをチェックする際には、お色直しの取り扱いはどうなっているのかをチェックしましょう。披露宴でお色直しは必要ないという場合にはプランに含まれていなくても問題はないでしょう。しかしお色直しを希望する場合には、そのためのドレスのレンタル料、そしてヘアメイクチェンジ料などが別途料金になるのか、それともプランに含まれているのかを確認しておきましょう。

 

また、ゲストへ提供するお料理や飲み物、そして引き出物についても細かくチェックしておきたいものです。格安プランの場合には、これらのアイテムは複数あるランクの中でも最低ランクになっている可能性が高く、もちろんそれで良いというカップルはたくさんいますが、お料理だとランクによって使われている食材やコース内容などががらりと変わるため、できれば自分たちの目で確認しながらチェックすることをおすすめします。引き出物については、近年ではゲストに重たい引き出物を持って帰らせるのが申し訳ないということで、カタログ式の引き出物に切り替えるカップルが多くなっています。カタログ式の場合には、式場が準備してくれる引き出物カタログをゲストに配り、後日ゲストがカタログの中から欲しいものをネットや電話などで注文するというシステムとなります。格安プランで引き出物の内容に満足できないけれどランクアップする余裕がない場合などは、カタログで対応してもらえる結婚式プランを選ぶという方法もアリです。

 

■結婚式プランはカスタマイズできる
挙式にかかる費用はできるだけ安く抑えたいけれど、紹介してもらったプランの内容では満足できないということは珍しくありません。結婚式場の多くでは、複数のプランがラインナップされていて、それぞれサービス内容やお料理や引き出物のランクが異なります。必要ないサービスは徹底的に省き、お金をかけたい部分にかけることによって満足度の高い結婚式に仕上げることができるので、プランを比較する際には、その式場で提案しているプランを一通り比較して、自分たちのニーズに合わせてカスタマイズすると良いでしょう。

 

例えば、式場で3つのプランがラインナップされていたとしましょう。最も格安なプランAを選んだとしても、あれもランクアップ、こちらもランクアップとなると、最終的にはプランBと同じような内容になったり、プランBをカスタマイズしたほうが料金的にお得になることもあります。また、基本的にはプランCの内容が気に入ったけれど、必要ないサービスがついているから取り外したいという場合、プランCから特定のサービスを取り外して費用を安くできる場合もあれば、必要ないサービスがついていないプランBを選んでカスタマイズする必要な場合もあるでしょう。基本的に結婚式のプランはどれもカップルのニーズに合わせてカスタマイズできることが多いので、メリハリをつけて満足できる挙式を作りたいものです。

 

■プランがない場合にはどうする?
ホテルや専門式場などでは、多くの人が利用するので便宜を図るために結婚式プランがラインナップされていることが多いものです。しかし、規模が小さなレストランやチャペルなどでは、実績がそれほど多くないためにプランなどは一切なく、新郎新婦が全て手配しなければいけないこともあります。その場合、初めての結婚式で右も左も分からない状態でいろいろとリサーチしながら結婚式を作り上げていくのも良いのですが、精神的なストレスが大きくなりますし、やはり一生に一度のイベントでは失敗したくないですよね。そこで、プランが全くない場合には、多少の別途費用は掛かりますが、ウェディングプランナーのサービスを利用するという方法もアリです。ゲストハウスでの挙式やリゾート地やチャペルでの挙式の場合には、ブライダル業者が提案しているプランを利用して申し込める所が多く、同じロケーションでもどの業者を利用するかによってサービス内容や費用が変わるので、複数を比較して自分にピッタリのプランを見つけたいですね。

 

■プラン選びの注意点
結婚式プランを選ぶ際には、何種類かあるランクを目で比較しながら選ぶことが多いものです。ゲストへのお食事や飲み物でも、複数のランクを比較しながら選ぶ場合、どうしても上のランクが良く見えるのは当たり前です。しかし実際の挙式では、ゲストは複数のお食事を目で比較しながら目の前に出されているお食事を食べるわけではありません。そのため、お食事だけに限りませんが、複数あるランクから一つを選ぶ際には一つ一つのお料理の見た目や食材で決めるようにしましょう。ウェディングドレスでも、与えられた選択肢の中でも自分に似合うドレスを見つけることはできます。気に入ったドレス、理想のドレスにこだわると、費用が高くなるということはあらかじめ理解しておきたいものです。