結婚式場の種類と選び方

結婚式場の選び方にはいろいろな方法がありますが、どんな式を挙げたいかによってピッタリの式場は変わってきます。式場は大きく分類するとホテルの披露宴会場、専門の式場、ゲストハウス、レストランと分けることができますが、それぞれ特徴は異なるため、式場を選ぶ際にはそれぞれの違いやメリット、デメリットを理解した上で選ぶことが必要です。

 

■ホテルの披露宴会場
最もオーソドックスな結婚式と言えば、ホテルを使った結婚式ではないでしょうか。落ち着いて豪華な雰囲気を持つホテルでの披露宴は、遠方から足を運んでくれたゲストの宿泊の場所も確保できるので便利ですし、立地条件なども分かりやすくて便利なのが特徴です。また、新郎新婦へのサービスはもちろんのこと、ゲストへのサービスに対しても安心して任せられるという点からホテルを式場に選ぶ人は多いのです。

 

ホテルでの式にはデメリットもあります。例えば費用面で割高になることが多かったり、外からの持ち込みに対しては有料となるので、オリジナルなウェディングを計画している人にとっては割高感が強くなってしまうかもしれません。また、招待客の数が少ない場合だとスペースの確保が難しい場合が多く、普段は打ち合わせのために使っている空間で披露宴をすることになったり、だだっ広い会場でポツンとした印象になってしまう可能性もあります。家族だけで式を挙げたいとか、近い友人たちだけでパーティをしたいという場合には、もしかしたらホテルという選択肢はベストではないかもしれません。

 

■専門の結婚式場
雰囲気はホテルの披露宴会場ととても良く似ていて、落ち着いて洗練された空間という雰囲気を味わうことができる専門式場ですが、ホテルと大きく異なる点は、この施設は結婚式のみを行う施設という点です。そのため、一般の宿泊客などは一切いませんし、スタッフは全員が数多くのウェディングを経験しているプロばかりという安心感が期待できます。また、ホテルの結婚式だとウェディングドレスを着る花嫁が多く、チャペルでの洋風ウェディングが多いのですが、専門式場の場合には神前式を希望するカップルでも大満足できる式場が多いという特徴があります。

 

デメリットとしては、一日に何組もの結婚式を行うため、施設内は混雑することが多く、場合によってはウェディングドレスを着た花嫁さん同士がバッタリ遭遇したりとか、ほかの式に参加しているゲストと鉢合わせなんてこともあるようです。もちろん、式場によってはパーティの時間をずらしなどして配慮をしているので、専門式場でのウェディングで満足できるかどうかは、式場選びによって大きく変わると言っても過言ではないでしょう。

 

■ゲストハウス
人気急上昇中のウェディングスタイルなのが、ゲストハウスでの挙式です。ヨーロッパに建っているような邸宅を一軒丸ごと貸し切って行われることが多く、他のウェディングと重なったり鉢合わせする心配がありませんし、プライバシー重視でアットホームな雰囲気の式を作ることができるというメリットが期待できます。邸宅の広さによって収容できる招待客の人数は異なりますが、一般的には小規模〜中規模なウェディングにピッタリの結婚式場と言えます。邸宅を借りてすべてを自分たちで手配したりアレンジすることも可能ですが、ウェディングサービス業者を活用すれば、面倒な手配などは全て代理で行ってくれますし、パッケージがラインナップされていたりするので、手間を省いてオリジナルのウェディングにすることも可能です。また、どこで行うかによって異なる雰囲気が楽しめるのもゲストハウスでのウェディングの魅力で、海が見えるところもあれば、自然があふれる中で挙式できるところもたくさんあります。軽井沢や那須などの避暑地系ウェディングでは、ゲストハウスを使った挙式やパーティがとても人気となっていて、式を通してたくさんのカップルたちが利用しています。

 

■レストラン
他人とは違うウェディングにしたい人に人気のレストランウェディングでは、レストランとして日頃は営業している店を貸し切りにして行うのが特徴で、提供される食事は通常、そのレストランで提供されているお料理となります。このウェディングの魅力は、なんといっても提供されるお料理が美味しいという点ですね。一般的に、結婚式場でもホテルの披露宴会場でも、ウェディングの時のお料理は見た目は豪華で高級な食材が使われていることが多いのですが、残念ながら味がイマイチということは珍しくありません。しかしレストランウェディングの場合には、プロのシェフが腕によりをかけた料理をアツアツの状態で出してくれるので、料理の美味しさで言えばレストランウェディングの右に出るものはいないでしょう。

 

この結婚式場のデメリットですが、お花やドレスなど式に関するすべてのアイテムやサービスは外の業者を手配することになるため、どうしても費用面で割高となってしまいます。また、どれだけの招待客を収容できるかは店の広さによって変わるので、招待客の数に合わせた店選びが必要となります。

 

■自分に合った結婚式場の選び方
全国にたくさんの結婚式場があるので、その中からどこが自分たちに合っているかを見つけることは決して簡単な作業ではありません。数え切れないほどの選択肢がある中で、自分たちが大満足できる式場を選ぶためには、まず最初に結婚式を挙げる意味や目的を考えてみると、比較的絞り込みやすくなります。社会的なステータスのために式を挙げるのなら、高級感あふれるホテルの披露宴会場や格式のある専門式場を選ぶのが良いでしょう。しかし近い親戚や友人に囲まれて心温まる結婚式にしたいとか、招待客も楽しめる式にしたい、手作り感あふれる式にしたいという場合なら、ホテルや専門式場では難しいので、レストランウェディングやゲストハウスを利用したほうが満足度の高い結婚式にできるでしょう。

 

基本的に、結婚式は新郎と新婦が愛を誓い、それを招待客が祝福するというイベントです。そのため、特定の場所にこだわらなくても本人たちの工夫次第で素敵な式を作ることは十分に可能です。最近では、人とは違う結婚式にしたいと希望するカップルが増えていて、オリジナリティあふれるウェディングが多くなっていますし、そうしたパーティに対応してくれる業者も増えています。また、結婚式をゼロから作り上げる作業をサポートしてくれる業者などもあるので、自分たちにピッタリの結婚式のスタイルを見つけて、それを形にすることもできそうですね。

 

■結婚式場を選ぶ注意点
たくさんの式場の中から自分たちにピッタリの所を選ぶことは、簡単そうでとても難しいものです。たくさんの選択肢を比較する際には、より高級感があってより洗練されていて、より費用が高い式場の方がステキに見えたりしますし、気が付いたら結婚式にかける費用が予算よりもかなりオーバーしていたということになりかねません。式場選びで注意したいのは、式を挙げることが二人にとってのゴール地点ではないという点をしっかりと理解しておくことではないでしょうか。二人の生活は式を終えたところからスタートするので、式だけに費用を費やしてしまうことが賢いかと言えば、決してそういうわけではありません。結婚による新生活をスタートする際には、式場だけでなくハネムーンや新居の準備などいろいろな諸経費がかかるので、最初に予算をきちんと話し合って決めておくことが大切です。